私達が普段利用する宅配便・宅配業界の歴史情報サイト

え!?そんなに歴史あるの!?意外にも歴史が深い宅配業界

日本での宅配便の始まり

宅配便が始まる前、個人が荷物を発送するにはやや不便でありました。
その集団としては郵便小包、もしくは鉄道小荷物(チッキ)のみでした。
鉄道小荷物(チッキ)駅で受け取る必要があり、あまり利便性に富んでいるものではありませんでした。わざわざ荷物を駅に取りに行くことは現在では考えられませんね。

日本での宅配便の始まりは1927年と言われています。
当時の鉄道省と運送業者により開始されました。
ただ宅配便という名称はなく特別小口扱といった名称で呼ばれていたようです。

現在のように、道路網やトラックといった車もあまり普及していなく、配送にも時間がかかったことが予想されます。
今のような当日配送!というものは厳しい状態です。
ここから宅配便の歴史がスタートしていきます。

宅配便が普及するまで

それでは「宅配便」と呼ばれるサービスが始まったのはいつからなのでしょうか。
その始まりは意外にも最近ですが1976年です。ここから私達が普段利用している宅配便の普及がどんどん進行していきます。

1980年代、様々な要因により宅配便の普及が急速に進んでいきました。当時全国へ次々と進出していったコンビニエンスストアでの窓口の取扱の開始や高速道路の拡大などにより宅急便の荷物取扱量は急激に増加していきました。

最近ではインターネットによる通販サイトの注文が増え、さらなる宅配の取扱量が増えています。
私も含め、通販サイトでの買い物が手放せない!!という方も多いはずです。

こうして現在の様々な状況、状態により宅配便はどんどん普及していき、今もなお増え続けています。