私達が普段利用する宅配便・宅配業界の歴史情報サイト

え!?そんなに歴史あるの!?意外にも歴史が深い宅配業界

宅配便は日常生活に欠かせない大切な存在となっています。 このサイトを見ている方の中にも通販サイトを頻繁に利用しており、宅配便がなくなると生活に支障が出てしまう方もいらっしゃるかと思います。 そんな宅配便がどのように私達の生活に浸透していったのか見ていきましょう!

普及した宅配便の現在の状況とは

現在、通販サイトによる躍進もあり、ますます私達への影響力が強くなっている宅配便。 宅配便がなくなると困るという方も多いと思います。 私も時間がないときにポチッと注文するだけで自宅に届く通販サイトをよく利用しています。 なくなればもはや恐ろしいと感じてしまう宅配便、その現状はどうなっているのでしょう。

宅配便の課題と今後

宅配便は確かに便利であり私達もよく利用しているかもしれません。 ただ最近は通販サイトなども送料無料と謳い、通販サイトによる発送はこの10年間でおよそ10倍以上になったとも言われます。 では実際に配達しているドライバーさんの負担というものは変わってきているのでしょうか。

私達の生活に浸透していく宅配便

もはや私達の生活になくてはならない重要な役割を担う宅配業界。
「宅配便がなくなってしまったらもう生活が出来ない!!」と思わず愚痴をこぼしてしまう方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。

「そんな宅配便は一体いつから始まったのだろう」と疑問に思ったことはあるでしょうか。
私も普段、使っているものの具体的にいつ始まったのか、そしてその宅配便はどのように全国に広がっていったのか知りませんでした。

そこで詳しく調べてみると、宅配の歴史はなんと中国の唐の時代にまで遡ります!
唐の時代というのは618年~907年といわれており、当時は飛脚便と呼ばれていました。
もちろん、現在のようにトラックや電車、飛行機で配達なといった効率的な運び方はなく、人の足や馬といった方法で荷物を届けていました。
今であれば早ければ当日、関西と関東間であってもわずか一日で届くことが可能ですよね!
ただ、当時はやはり人の足や馬で移動するので距離にもよりますが7日~10日ほど届くのに時間がかかったそうです。当時の配達料金などはよく分かっていないそうですが、それでもやはり現在の配達業界がいかに凄いかということが分かりますね!

このサイトでは、先程紹介したいつ宅配便が初めて開始されたのかという疑問をはじめ、どのように日本で普及していったのか、またそんな宅配便の現状や今後の課題点などを紹介しています!身近な宅配に関して意外にも知らないことが多いと思うので、ぜひぜひお楽しみください。